目の悩みをブルーベリーが解決│様々な効果が期待できる万能果実

花粉症にお勧め

サプリを持つ手

近年、テレビや雑誌で、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が花粉症に良いと取り上げられています。そのため、花粉の季節には、ヨーグルトの売れ行きが好調になるとのことです。花粉症の原因は、外部から侵入するアレルギー物質に免疫が過剰に反応することで起こります。人間には2種類の免疫システムがあり、体内に異物が入るとバランスを取って体を守ります。しかし、花粉症の場合、1つの免疫が過剰に反応して、免疫のバランスが崩れてしまうのです。その結果、体に花粉によるアレルギー反応が出てしまいます。ヨーグルトの乳酸菌には、2種類の免疫のバランスを保つ機能があります。したがって、花粉に対する体のアレルギー反応の抑制効果があります。

乳酸菌は、春先に多い花粉症を解消する効果があります。しかし、ヨーグルトを食べる際は、いくつか注意することがあります。まず、乳酸菌の株菌によって免疫に作用するアプローチが異なります。そのため、ヨーグルトに含まれる乳酸菌すべてに効果があるわけではないです。アレルギー症状を軽減する乳酸菌は、主にLG21、ラブレ菌、LGG、L−21などがあります。ヨーグルトを選ぶときは、これらが含まれるか確認したほうが良いです。それと、乳酸菌はなるべく食後に食べたほうが良いです。なぜなら、空腹時に食べると、強い胃酸で菌が減ってしまうからです。食後のお腹に食べ物が入っているときに食べることで、乳酸菌の多くが腸に無事に届きます。その結果、体の調子を整えてくれます。